Pocket

あなたは、サイコロを振って 出た目の数で 自分の人生を決められますか?

 

「サイコロで人生を決める」と 大げさなことはなくても

占いなどを参考にネクタイの色など 決めたことはあるかもしれませんね。

 

かつて「水曜どうでしょう」という番組で

タレントの大泉洋さんが北海道に行くのに

サイコロの出目によって、その手段を決める という企画がありました。

 

案の定サイコロを振ると、

北海道へ行くのとは逆方向の 「夜行バスで九州へ行く」という指示が出て

とんでもない回り道を させられるのですが・・・

 

番組としてはこれ以上 面白い展開はありませんよね!

 

見ている人は大泉洋さんが とんでもない遠回りをする様子を

「バカだなぁ」と思いながら お腹を抱えて笑ったことでしょう。

 

しかし、ビジネスの現場にも この大泉洋さんのように

サイコロのような他のものに決断を頼って

ずいぶん回り道をしている人が たくさんいるのです。

 

日経BPビジョナリー経営研究所の 谷島宣之氏が、 経

営学の巨人ドラッカーから学ぶ情報論で

風水に頼る経営者占い師に相談する経営者の話を書いてます。

 

ではなぜ、経営者が、 風水や占いに頼るのでしょうか?

 

それは、経営を相談できる相手がいなくて 決断に自信が持てないということと、

決断した結果の責任が重すぎるから不安 ということが理由のようですね。

 

谷島宣之氏は、 風水や占いに頼るようにならないために

経営者にもっと情報が必要だと 指摘しています。

 

その情報は、

理念・戦略、ロードマップを経営者が 決定することで得られるようになる』

というのが結論です。

 

ネットビジネスを始める時も、 的確な判断をするために

まず戦略とロードマップを決める ことが必要になります。

 

戦略をどうするか、目標をどこに置くのか?

その過程をどう組み立てていくのか? どうやって始めたらいいのか?

どうすれば収入が得られるようになるのか?

 

稼げるようになるためには、 稼ぐ仕組みを知らなければ始まりませんので

そのためにまずは 稼いでいる人の真似をすることが近道ですね。

 

 ここまでお読みいただき ありがとうございました。