あなたの周りに、 何かヒットした商品やサービスが ニュースになったときに

「あれ、自分も先に思いついていた」

自慢する人っていませんか?

 

周りの人が、「すごいね」とか 「いつ頃?」とか言って興味をもつと

どんどん自慢話が進んだりしますよね。

 

でも、仮にその人が思いついたのが ニュースで言われた人より前だったとして、

その人はすごいと言えるのでしょうか?

 

あるアイデアが浮かんだときに それがどんなに画期的なものでも

同時期に日本中で少なくとも100人が 同じことを考えていると思うことが

成功者とその他の人の最初の分岐点です。

 

さらに最大の分岐点は次にあって

その100人のうち、実行する人は 1人いればいいほうだということです。

 

思いつくことも確かにすごいことだけど、 それだけではビジネスにはなりません。

 

ビジネスでは、思いついたら それを実行する

ということができて 初めて成功につながるのです。

 

ネットビジネスでもよく、 いろいろなことを知っている人がいますが

その知識はその人が稼げるかどうかには あまり関係していません。

 

「思いついたら、まず実行する」 ということができた人だけが

稼げる道に進めるのですね。

 

逆に、ちょっと厳しいですが、 先に思いついたと自慢する人は、

自分には実行力がなくて 自慢するだけの最低な人 ということにもなってしまいます。

 

あなたも、最低な人にならないために

思いついたときにすぐ実行するように心がけていきましょうね。

 

ここまでお読みいただき ありがとうございました。

 

■■■ 編集後記 ■■■

最低な人というと 最近では「チャラ男」が 思い浮かびますよね。

タレントでチャラ男キャラで人気なのは オリエンタルラジオの藤森さんですが、

彼はタレントなので、実際は チャラ男でもなんでもなくて、

かなりの努力家のようです。

オリエンタルラジオがデビューして 1年後あたりから人気が下降したあとで

藤森さんは必死で チャラ男キャラを身に付けたらしいですね。

その結果が パーフェクトヒューマンで大ブレイクする 現在につながっているのです。

ところで、最低男を演じる藤森さんですが、

思いついたら実行し続けた いわゆる「成功者」ですよね。

最低な人にならないために、 思いついたら実行しましょうと

私は、上の方で言っていたのですが、

最低な人になるためにも 実行あるのみなんですね。