高知のナス農家に対して、 農協が圧力をかけていたとして

公正取引委員会が 排除措置命令を出すようですが、

何をいまさらと思ってしまいます。

 

地方の農協が農家に圧力をかけているのは 誰でも知っている公然の秘密ですね。

 

では、なぜ問題にならないかといえば、

当の農家のほとんどが 農協におんぶにだっこ状態だからですよね。

 

ほとんどの農家は 農協の言うままに作物を生産し、 農薬や除草剤、肥料を使い、

農機具を借り受けるか安く購入し、 言われるまま農協に出荷するのです。

 

農協に出荷しないで 他の市場に出荷したり、 スーパーなどと直接契約すれば

もっと稼げるのですが、 そうしないのは、楽だからですね。

 

そんな農家が大半を占めるため 農協は農家を搾取するようになり、

農家のためでなく、 農業利権のための組織に成り下がるのです。

 

さらに、一部の進取の気性に富む農家が 農協と手を切ると、

一切の便宜を図らないというような 嫌がらせのようなことさえしかねません。

 

高知のナス農家の例で言えば、

生産者への補助金の申請をするのに 農協を通さないといけないため

なかなか認可が下りなかった ということがあったのですね。

 

では、世間で言われているように 農協は解体すればいいのかというと

それでは、困る農家が たくさん出てしまいます。

 

今まで農協の言いなりだった農家が 今さら自分でやれと言われても

何をどうやっていいのか わからなくても無理はないですよね。

 

もはや、日本の農業は 農協によってダメにされてしまった 結果の状態なので、

一部の独自でやっている農家を除き、 自力での対処は難しそうです。

 

では、どうしたらいいのかというと

農協の代わりとなって 農家のために指導や手配を行う組織が 出てくるのを待つしかありません。

 

しかし、農協と農水族議員を相手にして そこまでやろうとする人が 果たしているでしょうか?

 

できることなら、 そういう人に出てきてもらって

日本の農業を 農家のためになる仕組みに 変えてほしいと思いますね。

 

それが、ひいては 日本の消費者全員のためになると 信じています。

 

ネットビジネスでは、 今やろうとしているあなたのために

いろいろな知識やノウハウを 教えてくれる人がたくさんいますよね。

 

おんぶにだっこ状態では さすがに継続して稼ぐことは難しいので、

幸いなことに、 おんぶにだっこ状態にならないように

しっかり教えてもらえるんですよ。

 

今のうちに、 たくさん教えてもらって、

しっかり身に付けておいた方が 後で役に立ちますよね。

 

ここまでお読みいただき ありがとうございました。