今の時期は、就職活動真っ盛りですが、

昨日、以前母校で就職指導した学生から

「内々定をいただきました」 という連絡をもらいました。

 

指導した立場からしても 内々定して、

嬉しそうな連絡をもらえると うれしいものなんですね。

 

でも、就職指導するときの気持ちとしては

本人の希望は叶えてあげたいのですが、

本当にそこに就職させてもいいのだろうかと

考えれば考えるほど迷ってくるものです。

 

迷いというのは、 学生それぞれの希望を聞いた時に、

本当にそこに就職するのが 本人のためになるのだろうかと

考えることが多いからなのですね。

 

そのため、母校に無理を言って、 進路指導のなかに

独立起業に関してのアドバイスも 入れさせてもらうことにしたのです。

 

会社に勤めても、いざという時のために 自分を磨くことを忘れてはいけないし、

もし会社を辞める時がきても 独立起業して自分で道を開くことができる

と 伝えておきたいからなのです。

 

会社に勤めることは 自分が働いて給料をもらうということで、

独立起業するということは 将来的に 自分のビジネスをもつということです。

 

中途半端な気持ちでは 独立起業は成功しないでしょうが、

目標を持ってやる気になりさえすれば道は開けるものだと私は信じています。

 

ネットビジネスを始めるときも 起業を志すのと同じ気持ちが大切なのです。

 

たとえ副業だとしても

ネットビジネスをやることに関しては 自分が経営者だという気持ちが必要で

それは、自覚と責任感を持つことなのです。

 

この気持ちがないと、 決してうまくいきません。

 

ネットビジネスで成功したいと思うなら、

自分が経営者であるという自覚をして、 責任を果たすという気持ちを持つ

というところから始めてくださいね。

 

ここまでお読みいただき ありがとうございました。

 

■■■ 編集後記 ■■■

就職活動していて、内定をもらえたときに

「内定して残念です」なんて言われると

もうこの人とは二度と会いたくない と思われるでしょうね。

でも現実として、 企業に内定をもらうのを目的にせずに、

もっと真剣に自分の将来を考えてほしいと 思うことはあります。

就職するということが まるで当たり前ということは

そんな学校教育を受けてきたからであって

決して現実はそうではないことに 気づいてほしいのです。

そのうえで、就職しない自分を想定して 自分の道を考えて切り開く、

これができる人には、 ぜひそういう道を歩んでほしいのです。

それをできる人にとっては、 内定して残念です!になるのです。