Pocket

日本では考えられないことですが、 親が子を殺すことが普通に行われていて 罪にならないばかりか 称賛されるような国があるのを あなたはご存知でしょうか? パキスタン人権委員会の発表によると 親族が女性や配偶者を殺害する名誉殺人が 2015年に同国内で987件発生し、 1184人が死亡したそうです。 親が選んだ相手ではなく 自分で選んだ相手と結婚したり 駆け落ちしたという理由で 殺害されてしまうのです・・・ 実はこうした名誉殺人は、 パキスタンだけでなく 世界中あちこちで行われていると言います。 さらに驚愕なのは、かなりの事例で、 殺人者が裁かれることなく、 逆に英雄であると言われ、称賛され本人も殺して当然と考えている点です。 本当だとすれば・・・ というか、確実に本当のことなのですが、 これらの国には、 一度人を殺したことがあるという人が 普通にたくさんいるということになります。 そういった価値観も理解するというのは 私たちにとっては難しい問題ですよね。 ネットビジネスはすぐそのまま 世界とつながっているのですが、 だからといって、必ずしも 相手の価値観を受け入れないと いけない訳ではないですね。 やはり、自分の価値観は しっかり守るべきなのです。 仮に、「どんなに名誉なことでも 人を殺すことは認められない」 ということが、自分の価値観だとしたら、 何を言われても自分に自信を持って 貫き通してください。 自分の価値観を貫き通すなかで、 相手との信頼関係を大切にする という気持ちを持つことが 相手とのWIN-WINの関係を築く 基礎になります。 なので、ネットビジネスを始めるときに、 まず自分自身のビジネスにおける価値観を しっかり考えてみましょう。 その価値観に共感してくれる相手と共に WIN-WINの関係を築いていくことが 稼げるようになるコツなのです。 WIN-WINの関係になるためには 何が必要になのか、 私が気づいたことや実行していることを あなたにはどんどんお伝えしていきますので ぜひ一緒にがんばりましょう! ここまでお読みいただき ありがとうございました。 ■ 編集後記 ■ メルマガを書いていて、ふと ブラック企業のことが頭を過りました。 ブラック企業の経営者は、 このパキスタンの親族と 何が違うのでしょう? 物理的に殺人を行わないだけであって、 精神的には同じことをしているのでは ないでしょうか? ブラック企業がまだマシなのは、 社員に「辞める」選択肢が あることかもしれませんね。 辞めることで自由へと歩き出せると思えば、 辞めることは逃げることではなく そこから前へ歩き出す1歩になるのです。 私も、後から振り返ると、 会社を辞めたこととか、 以前に月120時間残業していたこととか、 残業代の多くを払ってもらえなかったことも いい思い出話になるのかもしれません。 ・・・なんて、 やはり残業代の未払いだけは、 無理っぽいです(涙)...(笑) リベラルゆう 21時に届くメルマガで読んでみませんか? 登録はこちら⇒ https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX