Pocket

イギリスがEUを離脱したことで、 マスコミはこぞって不安を煽り、 まるで日本国民全員が困るような 書き方をしていますが、 私はイギリス国民の判断を支持します。 イギリスがEUを離脱することに関係なく、 給与は上がらず、逆に物価だけが上がって、 以前より景気が悪くなっているという人が 地方ではまだまだ多いのが現実ですね。 マスコミに踊らされて 自分たちの給料も上がるかもしれないと 期待を抱いていた人も多いのですが、 よくなったのは輸出に頼る大企業と 大企業の多い地域の人だけ... しかし、マスコミは 大企業が輸出で儲かることで 日本中の人の給与が上がるという 「風が吹けば桶屋が儲かる」の論理で 国民を欺こうとさえしているかのようです。 まるで大企業に勤めている人だけが 日本国民であるかのような書き方をする マスコミには、 真実を報道するという使命感はないのか という気さえしますね。 だから、日本のマスコミが 国際NGO「国境なき記者団」発表で、 報道の自由度ランキングで72位という 韓国以下の評価を受けてしまう事実にも 納得させられてしまいます。 国境なき記者団は、弱腰の放送局、 既得権益にしがみつく新聞社として 日本のマスコミをダメだと指摘していますが まさにその通りの印象ですね。 イギリスが政府の意思ではなく、 イギリス国民の意思でEU離脱を決めたのは 素晴らしいことです。 私はイギリスのEU離脱を 国民が自分たちで決定したことに 大賛成ですよ。 周りの意見にとらわれないで、 自分の意思を持ち、判断し、行動することは 大切なことです。 ビジネスを行なうときも 自分がどう考えて行動するのかを しっかり決めることで 初めて周囲の人に認められるのですよね。 「まず自分を認めてもらう」 そして「信頼してもらえる努力をする」 ということがビジネスのスタートです。 ネットビジネスでは、そのために どうしたらいいのか、 このメルマガで きちんとご紹介していきますので、 今後のメルマガに期待していてくださいね! ここまでお読みいただき ありがとうございました。 ■■■ 編集後記 ■■■ EUは、 大企業と富裕層だけが 富を独占することを推進していると イギリスでは捉えられていたようですね。 このあたりのイギリス国民の感情については Yahoo!ニュースに書かれていましたので、 記事が消える前に読んでみてください。 ⇒http://bylines.news.yahoo.co.jp/bradymikako/20160625-00059237/ まるで日本の現状と同じようなので驚きですが、 イギリス国民は、その状況に ノーという行動で示したわけです。 行動をした国民も偉いけど、 行動を認めたキャメロン首相民主主義の本当の意味を 実行で示して、偉いですよね。 負けはしたけど、 キャメロン首相にも賛成!です。(笑) リベラルゆう 21時に届くメルマガで読んでみませんか? 登録はこちら⇒ https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX