Pocket

毎日暑くて、寝苦しいですが、 こうすれば暑い熱帯夜でも グッスリ眠れる方法があるとしたら、 あなたもちょっと気になりませんか? 夜エアコンをつけっ放しにして寝ると 翌朝体調が悪いという人も いると思いますので、 まずエアコン不要の方法を紹介しますね。 まずは、入浴することがいいようですが、 ここで気をつけたいのは、 温度を少しぬるめの40度以下にして ゆっくり10~15分浸かることです。 ぬるめのお湯に浸かることで 副交感神経に働きかけて、 心地よく眠れるようになります。 次に、パジャマを着るといいようですが、 これはパジャマが吸湿性と通気性に優れ、 汗を気化させるので体温が少し下がって 眠りにつきやすい効果があるようです。 また、背中に熱がこもらないように 横向きに寝ることもいいようですね。 さらに頭寒足熱が眠りに効果があるため、 保冷剤などで頭を冷やすと 快眠につながります。 その他、キュウリ、ナスなど夏野菜をとり、 体の熱を下げることも効果がありますね。 最後に、もし冷房をつけて寝るのなら、 27~29度にしておくのがお勧めです。 暑い夏に仕事や作業効率を上げるためには 心地いい睡眠を確保することは大切で、 昼間に眠気に襲われたら仕事になりません。 まだまだ暑い日が続きますが、 体調に気をつけて、がんばりましょうね。 ここまでお読みいただき ありがとうございました。 ■■■ 編集後記 ■■■ 体温を下げるというと夏ならやはり かき氷ですよね。 特に美味しいマンゴーかき氷! と思っていたら... かき氷は急激に体を冷やしてしまうため 内臓に負担をかけるので、 あまりよくないようです。(汗) すみません、 今日から寝る前には食べません!(笑) リベラルゆう メルマガ登録はこちら   ↓ ↓ ↓ https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX