Pocket

クリスピークリームドーナツといえば 10年前に新宿南口に出店したときは 毎日長蛇の列だったもののですが、 最近閉店が相次ぎ勢いがないのは 飽きられたからだとあなたは思いますか? 昨年11月には64店舗あった店が、 今年7月には47店舗に減ったそうで、 実に8ヵ月で17店も 閉店したことになりますね。 私がよく行っていた横浜みなとみらい店は いつも空いていてゆっくりできて よかったのですが、 それ故今年6月に閉店になったようです。 店舗が減少している理由は、 ・価格が高い ・他のドーナツ店より不便 ・味が甘すぎる と言われていますが、そうでしょうか? 価格は確かにミスドやコンビニドーナツより かなり割高ですし、 店舗数が少ないのだから、 買いに行くのが不便というのは事実です。 味が甘すぎるというのは、 個人の味覚の問題なので、 どれもこれも同じような味なのより 差別化できて いいのではないかとも言えますね。 私は、クリスピーの店舗が減っているのは 戦略を間違えたからだと思います。 もともと価格が高いので、 ミスドやコンビニドーナツの舞台で 戦ってはいけなかったのですね。 後出しですが、戦い方としては、 高品質・低カロリー・有機など 付加価値をつけて、 少ない店舗で勝負すべきだったと思います。 店舗数拡大した途端、希少価値が薄れて 顧客が来なくなったというような 同じような失敗は、 あちこちで見られます。 ネットビジネスでも同じで、 戦う土俵が同じなら、不利な条件があっては 戦いになりません。 後発組が戦うためには、 先発組と同じ土俵で戦うのではなく、 先発組よりもっと付加価値をつけて 利用者からこっちの方がいいと 思ってもらうことが大切なのですね。 そのために、 自分が持っている付加価値となる情報は どんどん提供していき、 先発組ができないサポートをどんどん 受け持って行くようにしましょう。 私も後発組として、 知っている情報は隠さず、 どんどん紹介していくつもりですので、 期待していてくださいね。 サポートももちろん 満足していただけるまで しっかり行うつもりです。 ここまでお読みいただき ありがとうございました。 ■■■ 編集後記 ■■■ 「食べ物の話、好きですね!」と よく言われるのですが、 美味しいものに目がないので 美味しいと言われると、 一度食べてみたいと思うんですよ。 フェイスブックでは 「行って食べたいご当地グルメ」を ちょうど書いているところで、 そのうち10食は次の通りにしました。 1 北海道音威子府の黒い蕎麦 2 名古屋ヨコイのあんかけスパ 3 福井ヨーロッパ軒のソースかつ丼 4 沖縄竹富島のそうめんチャンプルー 5 長崎佐世保のレモンステーキ 6 香川丸亀の骨付き鶏一鶴 7 京都イノダコーヒのモーニングセット 8 山形の芋煮 9 兵庫姫路駅校内の駅そば 10 北海道帯広の豚丼 11食目以降は、ぜひフェイスブックで 確認してみてくださいね。 リベラルゆうのフェイスブックはこちら   ↓ ↓ ↓ https://www.facebook.com/profile.php?id=100010692765486 リベラルゆう メルマガ登録はこちら   ↓ ↓ ↓ https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX (不要の場合もこちらから解除できます)