「ごめん、待った?」
「ううん、ぼくも今来たところ。」
「どのくらい待った?」「5分くらい!」
あなたは、この5分くらいというのは、
本当はどのくらいだと思いますか?
デートの待ち合わせでは、
「5分前には到着するようにしましょう」
と書かれているものが多く、
5~10分前ということが多いようです。
だとしたら、5分と答えた彼は、
5分以上待っているのでしょうね。
この場合、次のような会話だと
どう感じますか?
「ごめん、待った?」
「ううん、ぼくも今来たところ。」
「今って?」「1分15秒前!」
なんだ彼も1分ほどしか待っていないんだ
と感じたのではないでしょうか?
10分待っていたのに、
わざわざ1分15秒などと
細かく言うはずがないと思うからですね。
人には、数字を細かく端数まで言われると
信じてしまいやすいという傾向があり、
この数字の端数のように
「おや?」っと思わせる心理テクニックは、
「ピークテクニック」と呼ばれています。
ビジネスでもピークテクニックはよく使われ
・朝から37個売れた人気商品
・11日飲んだだけで6.5kg減量成功
・23人が申し込んで21人がリピート
など、いろいろ思いつきますね。
セールスレターにも、
「友人6人に試しに8日間やってもらって、
 全員が稼ぐことができて、
 平均98,967円の収入があった」
というように書かれていたりします。
約10万円と書くより、
98,967円の方が信憑性が高い
ということで、あえて細かく書くのですね。
私の無料レポートは、5分ほどで読めます
と書くより、
5分17秒で読めました、と書いた方が
短い時間で読める気がするでしょう?
そんな私の無料レポートのダウンロード数も
前回調べてお伝えしたときには、
1059部と211部だったのですが、
今調べたら、1099部と274部に
なっていました。
たくさんダウンロードいただき、
ありがとうございます。
約1100部と約300部と書くと
嘘っぽいですが、
1099部と274部と書くと
本当の数字だと思ってもらえますよね。
(実際、本当の数字です)
あなたもぜひこのピークテクニックを
ビジネスにプラスにできるように
上手に使えるようにしましょうね。
ここまでお読みいただき
ありがとうございました。
リベラルゆう
編集後記はメルマガで!さらに役立つ情報をお届けします。
メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX
(不要の場合もこちらから解除できます)