あなたは、組織のなかのメンバーに関する
「2・6・2の法則」について、
聞いたことはありますか?
また、その意味についてどう思いますか?
2・6・2の法則は、
松下幸之助氏が話した内容とされるもので、
どの組織にも、優秀2:普通6:ダメ2
の割合のメンバーがいるというものです。
よくこの話をする人は、
ダメ社員2割をなくすためにどうするか
というようなことを言うのですが、
私はこの発想自体間違っていると思います。
この2・6・2の法則に従えば、
ダメ社員2割をなくしても、
また新たにダメ社員2割がでてくる
ということも理由ですが、それ以外に
この話をする人に重要な欠点があるのです。
その欠点というのは、
この2・6・2の法則が、
絶対的な指標ではないということです。
つまり、この話をしている人
またはこの組織の上司から見た
相対的な指標であることを忘れているから
いくらダメ社員をなくそうとしても
無駄だということですね。
それに、この2・6・2の法則において
優秀とされる2割が突然いなくなったら
残ったメンバーで2・6・2となるうちの
優秀2割になる者の多くは、
ダメ社員2割から出ると言われています。
ダメ社員を作っているのは、
上司と優秀社員とされている2割であって
上司が代わると一気に構成が変わる
ということを考えると、
ダメ社員より問題は上司だとわかりますね。
人を変えようとする傲慢な気持ちがある限り
ダメ社員2割をなくそうとする上司に
大した仕事は期待できません。
まず変わらなければならないのは、
上司本人だからですね。
あなたの職場はどんな状況ですか?
上司に翻弄されることで、
一喜一憂するよりも、
もっと達観した気持ちで
組織全体のことを考えられるように
気持ちに余裕を持っていたいですよね。
そのためには、
組織にしがみつかなくていい収入を
副業から得ることも選択肢のひとつになる
と思います。
今の組織でますます存在感を高めるためにも
気持ちにゆとりを持って行動できるように
自分のことをもっと考えてみましょうね。
ここまでお読みいただき
ありがとうございました。
リベラルゆう
編集後記はメルマガで!さらに役立つ情報をお届けします。
メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX
(不要の場合もこちらから解除できます)