Pocket

あなたは、スタジオジブリの初期の映画 「天空の城のラピュタ」を 見たことがありますか? その映画の1シーンに 有名な台詞「40秒で支度しな!」 があります。 見たことがない人は、 次のURLをクリックしてみてくださいね。 ⇒https://www.youtube.com/watch?v=Q_eTcjQoujk&index=4&list=PLqUsQqMwfE3emBTH45LBIw58cbSmJFhJ6 ※Youtubeのそのシーンが開きます。 このシーンは天空の城ラピュタでも 印象に残る有名なシーンなのですが、 この「40秒」というのは、 なぜ40秒なのかわかりますか? この台詞の主のドーラおばさんは、 その他にも一流ビジネスマン顔負けの 行動をしているので、それを紹介しながら 40秒の謎解きをしますね。 ドーラおばさんの行動を列挙してみます。 ・最重要事項を何よりも優先する ・相手とのWin-Winの関係を作る ・メリット・デメリットを判断し素早く決断 ・具体的な数字で指示を与える ・すぐに行動に移す その他にも、情報収集力がすごい、とか 時間を大切に考え有効に使っているなど、 ビジネスマンの鑑のようですが、 上に挙げた4番目の具体的数値が 40秒につながっています。 「急いで支度して!」では 相手に緊迫感が伝わりませんし、 「1分で支度しな!」になっても やはり時間がない感覚が表現できません。 そこで出てきたのが、 「40秒で支度しな!」で、 この40秒という数字は、 リアルな緊迫感を表現するだけでなく、 決して忘れない効果もあります。 なぜ忘れないか、 それは、中途半端な数が 「ピークテクニック」の心理効果を発揮し、 絶妙な台詞になっているからですね。 ピークテクニックは、 人の気持ちに「おや?」と思うことを言って 相手の好奇心をそそることで、 よく半端な数を使うことで より印象に残る効果として使われます。 でも、ピークテクニックはわかったとしても なぜ40秒なのでしょうか? これは、イギリスの鉄道の 次の一文から来ているという説があります。 Train doors are locked uo to 40 seconds before departure to ensure train depart on time. 電車のドアは、電車の定時運行確保のために 発車の最大40秒前に閉まります、 という文章ですね。 実際のパンフレットは 下記に置いておきましたので確認ください。 ⇒http://liberalgate.up.seesaa.net/image/40seconds.jpg ※jpgファイルが開きます。 映画の1シーンの現実感を作りだし、 その世界に引き込むために 真実の証明(社会的証明)をすることで さらにこのシーンはより生き生きと描かれ 見た人の記憶に残ることになる訳です。 大ヒット映画にも観客をとらえて離さない いろいろな心理テクニックが使われている ということがわかってもらえると思います。 あなたもビジネスを行なう場合に いろいろな場面ごとに 相手の気持ちをとらえることで あなたのビジネスがうまく進むように 考えてみましょうね。 ここまでお読みいただき ありがとうございました。 ■■■ 編集後記 ■■■ 天空の城ラピュタのキャッチコピーは、 「ある日、少女が空から降ってきた…」 という、何?と思わせるものですね。 この天空の城ラピュタは、 観客動員、興行収入とも スタジオジブリのワースト記録です。 しかし、映画の観客満足度は97.7%と という驚きの数字を挙げていて、 その後のテレビ放映でも15回も放送され 常に高視聴率の人気作品となっています。 私もジブリ作品はほとんど見ていますが、 どれか1本だけ推薦してほしいと言われたら 映画も音楽も迷わず 「天空の城ラピュタ」をあげます。 見たことがない人はぜひ見てみてください、 ... あれ?ジブリの宣伝してる?(笑) リベラルゆう メルマガで、いつも役立つ情報をお届けしています。 メルマガ登録はこちら   ↓ ↓ ↓ https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX (不要の場合もこちらから解除できます)