Pocket

あなたは、同僚から 「今日中に仕上げたい資料があるから  協力してほしい」 と言われたら、どう答えますか? そのときの状況にもよるでしょうが、 あなたがすぐ手伝ってあげるとしたら、 それは、あなたは自分自身で 仕事ができない人間だと 言っているのに等しいのです。 なぜと思いますか? それなら、 なぜあなたはそんな急な要求に すぐ応えられるのですか? あなたに大切な仕事がないから と思われても仕方ありませんね。 同僚が困っているのに 放っとけないと思いますか? それなら、 その同僚はなぜそんな急な仕事を ギリギリまで自分だけで抱えたままで いたのでしょうね。 手伝ってしまうと その同僚がいつまでも成長しないまま 同じようなことを繰り返すでしょう。 あなたは、同僚のためにも あなたの仕事をすべきなのです。 あなたの今日する予定の仕事は 今日済ませましたか? 計画的に重要な仕事をこなすことが 成長につながります。 名著「7つの習慣」でも第3の習慣として 最もやらなければいけないのは、 緊急でなくて重要なことだと 言われています。 時間を有効に使うためにも 守れるように行動していきましょうね。 ここまでお読みいただき ありがとうございました。 ■■■ 編集後記 ■■■ そうは言っても お願いされると断れないということが 人間関係にはありますよね。 そんなときには、 ここで書いた話をしてあげてください。 それでも同僚が同じような仕事のやり方を 繰り返し続けるなら... もう見込みはないかもしれません。(笑) リベラルゆう 稼げるようになる情報はメルマガで!さらにお得な情報をお届けします。 メルマガ登録はこちら   ↓ ↓ ↓ https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX (不要の場合もこちらから解除できます)