Pocket

あなたは、電車に乗っているときとか 誰かと会話中、新聞を読んでいるとき、 寝る前など、別のことをしているときに ふといいアイデアがひらめいたという 経験をしたことはありませんか? そんないいアイデアもそのまま放っておくと あれ?何だっけ?というように すっかり忘れてしまうことも多いものです。 忘れるのを防ぐために、 思いついたときにメモできるようにと 手帳を持ち歩いていたりするけど、 いざというときに限って手元にはなかったりします。 あなたは、どうですか? スマホに書き留めていたり、 録音したりしているよという人も多そうですね。 このふとひらめくアイデアですが、 もともと何かについて考えるということを しているからこそ、思いつくのです。 全く何も考えたことがないことについては 意識以前の無意識にさえないことなので 思いつくはずがありませんよね。 例えば、 あなたは、丼の蓋をとらずに 中にあるものが親子丼かカツ丼か卵丼か見破る方法なんて ひらめいたことありますか?(笑) そんな意味のないこと 考えたこともないですよね。 でも、たった今意識してしまいました。 いつかどこかで、ふと こうすれば見破れると 思いつくかもしれません。(笑) もちろん、ひらめいたとしても メモはしなくていいです。(笑) いいアイデアというのは、 意識したことがあるからひらめくのです。 これって、ビジネスでも使えるのですよ。 今はいいアイデアが思い浮かばなくても ひとまず、問題意識さえもつように 内容と問題点を理解しておけば、 ふとした瞬間にいいアイデアがひらめく可能性があります。 いいアイデアをたくさんひらめきたければ、 たくさんの問題意識を持って 考えたことがあるだけで、 たくさんひらめく可能性が増えるのです。 素晴らしいと思いませんか? ビジネスのアイデアを 次々思いつく人がいますが、 その人は天才でもなんでもなく、 たくさんのことに問題意識を 持っているだけなのです。 それなら、自分にもできそうだと 思えてきませんか? 成功者と言われる人には、 多くのことに問題意識を持ち、 強く思い続けたことで いいアイデアを思い付いた人が たくさんいます。 あなたも、自分の夢をかなえるために どうしたらいいのか 問題意識を持って強く思うことを やってみてくださいね。 ここまでお読みいただき ありがとうございました。 リベラルゆう 編集後記はメルマガで!さらに役立つ情報をお届けします。 メルマガ登録はこちら   ↓ ↓ ↓ https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX (不要の場合もこちらから解除できます)