今日は8月11日、
今年から祝日となった山の日ですが、
会社のお盆休みが13~15日なので
12日が祝日だったらよかったのに
あなたは思いませんか?
実は、夏の連休を増やそうと、
最初は12日が祝日候補だったのに
ある事故の関係で
11日に変更になったのですね。
その事件とは日航機墜落事故で、
1985年8月12日に
群馬県の御巣鷹の尾根に
日航機が墜落したものでした。
山の日を制定するにあたって、
群馬県選出の小渕優子議員らが
12日にすることに反対したことで、
結局1日ずらせて11日になったのですね。
しかし、12日なのと11日では
連休になるかどうかという
大きな違いがあります。
山の日制定の最初の意図は、
夏の連休を増やすことだったはずなのに、
いつの間にか目的を忘れて、
山の日制定と言う結果だけが
独り歩きしてしまいました。
ビジネスを行うときも、
よく最初の目的を忘れてしまって、
何のためにやっているのかと
思うようなものがありますが、
それでは誰もついてきませんね。
最初は、いいものを皆に使ってもらって
喜んでもらおうという目的だったのに、
いつの間にか、質を落として
もっともっと作って売ろうとしたり
ということがよくあります。
他にも、サービスを向上させて
顧客に使いやすい店を目指したはずなのに
景気が悪くなって
真っ先に人を減らして
サービスカットするような例もありますね。
ビジネスでは、最初の目的を忘れて
結果を求めるようになると
必ず、顧客が離れていき、
ますます悪くなるという悪循環で
転落の道が始まります。
あなたもネットビジネスを行うときには
最初に掲げた目的を忘れず、
利用者のために
質の高いサービスが提供できるよう
がんばりましょうね!
ここまでお読みいただき
ありがとうございました。
■■■ 編集後記 ■■■
それにしても、
12日に反対した人たちのなかには
目的を理解して考えられる人は
いなかったのでしょうか?
12日がダメなら、
16日にしてくれたら
連休になったはずなのですが...(笑)
リベラルゆう
メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX
(不要の場合もこちらから解除できます)