目の前に、同じテーマを扱っていて
分厚くて詳しく書いてある本
要点だけ書いてあって薄い本
同じ値段で売られていたとしたら
あなたは、どちらを買いますか?
「大は小を兼ねる」と教えられた私たちは
同じ値段だったら、分厚い本の方が
得だと思いがち
ですね。
しかし、本当にそうでしょうか?
分厚い本を得だと思って買った場合に
最後まで読むのがプレッシャーになって
結局は読まないまま放置してしまう人
多いということでもわかります。
逆に薄い本だと、簡単に全体を掴めるうえに
ページ数が少ない分、構えずに読めて
内容が大まかでもわかるという
利点がありますね。
情報商材の場合も同じで、
分厚いマニュアルがあって
ネットビジネスに必要な情報は
ほぼ網羅しているものが人気なのですが、
この場合分厚い本と同じになりかねません。
逆に薄くても、やらなければいけない
最小限のことが書いてあって、
最短時間で実行できるものの方が
最初は内容が少なそうで損な気がしても
結局得になることが多いものです。
これからネットビジネスの教材を
選ぶ場合には、
なるべく簡潔に要点だけ書いてある
薄い教材で良さそうなものを選ぶことが
やり遂げるためには効果的ですね。
しかし、本当に内容が薄い場合が
あるのではないかと心配もありますよね。
そうなんです。
内容が簡潔にまとめてあるのか
そうでなくて薄いのかを確認するためには、
しっかり内容を確認することが必要ですので
メルマガを読んで信頼できる人にメールして
確認してみましょうね!
もし私に聞いていただけるようでしたら
しっかり内容を確認してお伝えしますので、
いつでもメールしてください!
ここまでお読みいただき
ありがとうございました。
■■■ 編集後記 ■■■
私も最初は、詳しく書いてあって、
映像でも説明してあるという
「分厚い」情報商材の教材を購入して
始めようとしたことがありました。
しかし、動画を全部見るには
何日もかかるうえに、
特に必要ないことまで詳しくて、
見るのに飽き飽きして、
結局途中で挫折したことがあります。
もちろんマニュアルも
延々と読まなくてはいけないことばかりで
何をしたら早く実力が付くのか
うまくごまかされているように
感じることばかりでした。
分厚いマニュアルは、
ただ高く売りたいだけのめに
量だけ増やしているのではないかと
やっと気付いた私は、
簡潔なマニュアルを探したのです。
今ではそれが正解だったと
信じています。
知り合いにそんな話をしたところ、
「相変わらず、根気がない(笑)」
と、指摘されました。(汗)
「根気がなくてもできる教材」って
最高です!...よね?(笑)
リベラルゆう
メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX
(不要の場合もこちらから解除できます)