Pocket

「今日は無礼講だから」と言われて、 上司のことをあまり気にせず意見したり、 マナーを考えずに飲み食いしていたら 後からそのことをチクリチクリと言われた という記憶は、あなたにはありませんか? 上司によっては、「無礼講」と言うのは 上司を無視していいという意味ではなく、 「あまり気を使われたくない」 「小さいマナーは大目に見るよ」 くらいの意思表示なのですね。 それではもう本当の無礼講ではないのですが 無礼講というのは、マナーを守って 「楽しくわいわいしましょう」 という意味くらいに思っておいた方が よさそうですね。 そんな酒の席のマナーについて 上司が部下に守ってほしいマナーを アイリサーチが調査しました。 ・翌日の朝、お礼を言う ・上座・下座を気にする ・目上の人に瓶ビールを片手で注がない ・目上の人のお酌は両手を添えて受ける ・目上の人が食べるまで食べない 以下、上司のグラスが空いたらお酌をする、 そのとき必ずお酒のラベルを上にする、 料理を取り分けてあげる、など 「目上に気を遣え」という結果の オンパレードです。 なぜマナーを守ってほしいかを 上司に確認したところ、多かった回答は 「常識だから」 だそうです。 なぜそれが常識なのか、 それには意味があるはずですが、 その意味を理解せず押し付けても 人が付いてこないのはあたりまえですね。 常識だからという答えは、 聞いた瞬間に思考停止してしまいますし、 言った本人も意味を理解していないことが ほとんどです。 大切なのは常識そのものではなく 常識だからと思考停止してしまわず、 「なぜ常識なのか」、 「本当にそれでいいのか」と 考えることなのですね。 ネットビジネスでも、 いち早く実力をつけて稼ぎたいなら 常識と言われてもそのまま鵜呑みにせず、 なぜそうやっているのか、どんな意味なのか 常に考えて行動するようにしましょうね。 まずは稼げるようになるまで とことん言われたことをやってみる、 そして、実力が付いたら 自分なりにくふうしてみて実行し、 最終的には自分の方法を身に付ける。 自分なりにくふうすることで 常に考えて行動する癖がつき、 よりよい方法を自分で考えることが できるようになるので、 自分に合った方法が身に付くのですね。 これが、あなたがネットビジネスで これから稼ぐために行動していくための 指針になります。 あなたが稼げるようになるまで、 この指針を守っていけるように 私もサポートしますので、 いつでも相談くださいね。 ここまでお読みいただき ありがとうございました。 ■■■ 編集後記 ■■■ 常識という言葉をよく使う人が 最も常識が欠如していると よく言われたりしますよね。 それは、自分が思っていることが全て 他の人が同じように思っているとは 限らないという「常識」を その人がわかっていないからのようです。 その他にも「常識人」と言われると 少し「石頭」的なつまらない人の意味が 込められていたりしますよね。 そう考えると 「非常識」と言われるのは、 案外褒め言葉だったりして...(笑) だとすると、 私もよく褒めてもらっていることに なるのですが...(笑) やはり、そんな訳ないですね...(汗) リベラルゆう メルマガ登録はこちら   ↓ ↓ ↓ https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX (不要の場合もこちらから解除できます)