あなたが、もしピカソ
ササっと30秒ほどで
絵を描いてもらったとしたら、
その代金として、
一体いくら支払いますか?
その絵がいくらで売れるかを考えて
金額を決めるという人もいるでしょうし、
ササっと書いたものだからと
かかった時間を考えて
支払う金額を決める人もいると思います。
この話は、ピカソの有名な逸話で、
マーケットでピカソを呼び止めて
絵を描いてほしいと依頼した女性に
ピカソは「この絵の値段は100万ドル」

と言ったのです。
女性は驚いて
「この小さな絵を描くのに、
 あなたは『たった30秒』しか
 かかっていないではありませんか」

と言い返した言葉に、ピカソは...。
「お嬢さんそれは違う。30年と30秒だ」
と言い返したのでした。
ピカソが言いたかったことは、
「人の時間価値は自分の価値では計れない」

ということで、
「積み重ねてきたか、そうでないか」
によって時間単価は違うということですね。
ネットビジネスでも
稼いでいる人と稼いでいない人の
時間価値は全く違います。
ネットで指導を受けられる教材のサポートが
1時間3万円だったとして、
それが高いのか安いのか、
受ける側は評価できないということです。
高いのか安いのかは、
指導する側が時間と積み重ねた経験を考えて
判断することになります。
では、受ける側はどう評価したらいいのか、
ということですが、
それは、自分にもたらされる成果が
金額に見合うかどうかで
判断するしかありません。
例えば、アメリカの有名なマーケッターの
ダン・ケネディ氏の
講演への参加費は30万円ですが、
そこには世界中から1200人以上の人が
集まってくるのです。
30万円の講演と聞くと高いと思いますが、
ダン・ケネディ氏の講演と聞くと
1200人以上の人は
その値段でも自分に価値があると
判断したわけですね。
あなたも、ネットビジネスの教材が
数万円から数十万円もすることに
高いと感じることがあるかと思います。
しかし、その金額は、
あなたが、そこから何を得るのかによって
高くも安くもなるのです。
あなたが、
ネットビジネスの教材を選ぶときには、
その金額ではなく、
「どれだけ成果がもたらされるか」という
価値を基準に判断するのがいいのですね。
もし、金額が高いと思って迷ったり、
無料でも学べるのに違いは何かと
思ったりして、判断が付かない場合は、
私にできる限りアドバイスを行いますので
気軽に相談くださいね。
ここまでお読みいただき
ありがとうございました。
■■■ 編集後記 ■■■
30秒いくらと発想することは、
自分の時間を切り売りすることですね。
金持ち父さんの教えにも
自分の時間を切り売りすることは
自分のビジネスではないので、
それではお金持ちになれないと
言われていますね。
自分の時間をもっと大切にすることは
重要なことですよね。
私も、時間を大切にするためにも
メルマガをもっと早く書けるように
がんばります!(汗)
それより、テレビを減らせって?
はい...
そうしたいと思っているのですが。(笑)
リベラルゆう
メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX
(不要の場合もこちらから解除できます)