「ここにゴミを捨てないでください」
という看板がある場所に
ゴミがたくさん捨ててあるのを
あなたは、見たことがありませんか?
ゴミを捨てないでくださいと書いてあると
逆に、ココにはゴミを捨てていく人が
多いんだなと思う人がたくさんいます。
すると、心ない人の中には、
「皆が捨てているので自分もいいだろう」
と思う人がいるので、
逆にゴミが増えてしまうのですね。
これは本来の文章の内容ではなく、
皆がどうしているのかを意識して
皆と同じ行為をしてしまうという
集団帰属意識と関係していて、
日本人には特にありがちな行動になります。
としたら、ゴミを捨てられないためには、
「ゴミを捨てないでください」と書かずに
「きれいな環境を守ってくれてありがとう」
と書いておいた方が、
効果が高いということになりますね。
同じような例としては、
「スピード出すな!」よりも
「安全運転にご協力ありがとうございます」
の方がいいということですね。
あなたも身近の同じような例を思い出し、
ここはこう直した方が効果が高いのに、
と思いながらコピーを考えると
知らない間に
コピーライティングの力がつきますよ!
ぜひ実行してみてくださいね。
ここまでお読みいただき
ありがとうございました。
リベラルゆう
続きはメルマガで!さらに役立つ方法をお届けします。
メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX
(不要の場合もこちらから解除できます)