Pocket

あなたは、メルマガを読むか読まないか どこで判断していますか? 読むと決めているメルマガは別ですが、 そうでない場合は、 まずタイトルを見て、 面白そうか、役に立ちそうか、など 読むかどうかを判断しますよね。 いくら内容が良く書けていても タイトルがよくないと 読まれないという場合が多い訳なのですね。 読まれるかどうか大きく影響する タイトルをどうするかは、 毎日メルマガを発行するときに、 最も頭を悩ますものなのです。 メルマガのタイトルは、 通常は20文字以内の短いものなのですが、 本文を書くよりも 時間がかかることさえあります。 そんなタイトルですが、 読んでもいやすいタイトルのつけ方があって 次のようなものなのですね。 まずは正統派のタイトルのつけ方です。 ・内容は何だろうと思うもの ・話題のニュースやトレンドネタ ・新しさ、珍しさを強調したもの ・驚きや意外性に訴えたもの ・権威の力をアピールしたもの ・具体的に知りたいと思うもの ・悩みや相談ごとを代弁するもの 次はテクニック系のタイトルのつけ方です。 ・質問や疑問を投げかけるもの ・通常とわざと反対のことをいうもの ・限定や希少性で焦らせるもの ・損得勘定に訴えるもの ・お願いや命令をするもの ・記号やカタカナ語で何?と思わせるもの あとは、あまり使わない方がいいのですが、 たまに使うと効果がある禁断系です。 ・Hな想像をかきたてるもの ・騙しのテクニックを使ったもの この騙しのテクニックと言うのは、 Re:で始まるタイトルや、 振込ました!とか、請求書ですなど まず読ませてから本文で否定するものですが あまり使うと逆効果なので注意ですね。 あなたも、今読んでいるメルマガで 読もうと思ったメルマガに印をつけておいて なぜ読む気になったかを考えることで 読まれるタイトルがどんなものかがわかり、 自分でも書けるようになります。 メルマガやセールスレターだけでなく、 企画書やプレゼンにも応用できる テクニックですので、 コピーライティングを学ぶのと一緒に タイトルのつけ方も学んでいきましょうね! ここまでお読みいただき ありがとうございました。 リベラルゆう 続きはメルマガで!さらに役立つ情報をお届けします。 メルマガ登録はこちら   ↓ ↓ ↓ https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX (不要の場合もこちらから解除できます)