Pocket

あなたが、お店を開いたとして やらなければならない最も大切なことは 何だと思いますか? この答えは2つに分かれる傾向があって、 1.魅力的な商品を揃えること 2.店の開店を多くの人に知らせること のどちらかを思いついた人が 多いのではないかと思います。 この2つのどちらがより大切かというと、 2.の開店を多くの人に知らせること の方になります。 いくら魅力的な商品を揃えても、 顧客がいなくては店は成り立ちませんし、 顧客の望む商品かどうかわからないのに対し 顧客が来れば、顧客の要望に合わせて 商品を揃えることができるからですね。 それでは、開店を多くの人に知らせるために 何をしたらいいと思いますか? それは、知らせるための文章を考えて、 さらにそれを誰に知らせるかを絞り込み、 最後にその人たちに知らせるために 何を使ってどう知らせるかを選ぶことです。 まず、知らせるための文章ですが、 それを読むと、 店に行きたくてたまらなくなるような 文章(メッセージ)が必要です。 ただ、「開店しました」では、 顧客にとって何の意味もないですからね。 ここにコピーライティングスキルが 必要になってきます。 さらに誰に伝えるかですが、 メッセージを読んでも、 自分とは関係ないという人が相手だと そのメッセージがいくら良くても 効果を発揮しません。 メッセージを届ける相手を できるだけ具体的にイメージして 読んだり聞いたりしたときに 自分のことだと思う人に伝えることが 大切なのです。 マーケットを具体的に絞り込み 相手の顔を思い浮かべて書くという コピーライティングのテクニックが ここで生きてきます。 最後に、どうやってそのメッセージを マーケットに届けるかですが、 最も有効なのは、マーケットに合う人に ひとりひとり伝えることです。 ただ、それは実際行うことは無理ですので、 いろいろなメディアを検討して、 最も目的に合ったものを 選ぶことになります。 伝え方は、 映像、音声、紙媒体、電子媒体など いろいろありますが、 費用対効果も考えなければなりません。 駅前でチラシを配っている光景を 見ることが多いのは、 メッセージもしっかり書けて、 配る相手も選べて 安く伝えられるメディアだからですね。 このメッセージ、マーケット、メディアの 3つは、全部Mから始まる単語なので、 集客における大切な要素として 「3つのM」と呼ばれます。 この「3つのM」を 顧客を集める公式として提唱しているのは、 アメリカの有名なマーケティングの権威、 ダン・ケネディ氏です。 ダン・ケネディ氏に関しては、 著書「究極の法則」についてまとめた 私の無料レポートがありますので もしまだ読んでいなかったら プレゼントします。 以下の登録フォームから送付先アドレスを 「レポート希望」で知らせてください。 https://ssl.form-mailer.jp/fms/f9c50031447966 ※私のメルマガだけ登録させてくださいね! ここまでお読みいただき ありがとうございました。 リベラルゆう 続きはメルマガで!さらに役立つ情報をお届けします。 メルマガ登録はこちら   ↓ ↓ ↓ https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX (不要の場合もこちらから解除できます)