財務省が先日、
国の借金が1062兆円と発表して、
報道で国民1人あたり837万円の借金だと
言っていましたが、あなたは、
これが真っ赤な嘘だと知っていますか?
嘘と言うのは、
国民1人あたり837万円の
借金があるかのような報道のことです。
国の借金は、
誰が国に貸しているのかを報道しないので
こんな嘘の報道がまかり通るのですね。
国にお金を貸しているのは、
国債を買っている銀行や投資家などで、
結局そこにお金を預けている国民や企業が
国にお金を貸している訳なのですね。
つまり、報道は全く逆のことを言っていて、
国民1人あたり837万円を
国に貸しているというのが正解なのです。
さらに外国に対して、
日本は360兆円の黒字があることも
無視して金額を報道しています。
報道機関は、わざと国民を欺いているのか、
単に、本当に理解せず書いているのか、
ネットの情報が駆け巡る時代になっても
国民のために、公平で真実の報道をする
という本来の機能は忘れたままですね。
ネットビジネスを行うときにも
正しい情報を見破る力が必要です。
クリックだけで月10万円とか、
毎日30分の作業で年間1億円とか、
一体「誰が」その作業をした場合の話なのか
前提条件をしっかり確かめないと
国の借金と同じ話になってしまいます。
「原宿で」商品を売ったら
1時間で100万円の売り上げになった
という文章から原宿を省いて、
この商品は1時間に100万円の売上可能
だと言っているようなものなのですね。
情報には、
しっかり確認しないといけない個所があって
そこを確認せずに信じてしまうと
後でこんなはずではなかった
ということになりかねません。
あなたも一方的な情報の場合には、
必ず細部まで確認する習慣をつけて、
不確かなところがあれば、
誰かに確認するようにしましょうね。
もちろん、私に聞いていただけたら
しっかりお答えしますので、
安心してくださいね!
ここまでお読みいただき
ありがとうございました。
リベラルゆう
続きはメルマガで!さらに役立つ情報をお届けします。
メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX
(不要の場合もこちらから解除できます)