Pocket

あなたは、興味ある懸賞を見つけて 応募しようとして応募要項を見たら すでに締め切りが過ぎていて 残念な思いをしたことはありませんか? 懸賞ではなくて、 安売りの広告やクーポンの場合に 使おうとしたら期限が過ぎていた ということならありそうですよね。 そんな応募期限を59年も超えていたのに 応募してみた人が話題になっています。 それは、アメリカのダーウィン・デイさんで 部屋を整理していたら59年前の バズーカガムの懸賞を見つけて 応募してみたそうなのです。 その結果... ...... ... 見事当選したそうです! ダーウィンさんのもとには 懸賞の品の野球ミットと共に、 バズーカガムの会社のGMから、 「新しい親友」として、 ワールド・シリーズに招待されたそうです。 (※GM=ジェネラル・マネージャー) GMは、 59年前の応募用紙が存在したことと ダーウィンさんが応募用紙に添えた 手紙の内容に感動したようですね。 ネットビジネスでも同じように、 応募期限が過ぎたオファーに対して 気がつくのが遅くて何とかならないかと 相談を受ける場合があります。 そんなとき、期限だからと断るのではなく、 相談をしてくれた人に対して、 親身になって行動してあげることが 大切になるのです。 自分にできることを精一杯やってみて、 相手に満足してもらえるように 努力することで、 自分自身にも大きなチャンスが 生まれることも多いものですね。 あなたも、 どんな場合でも「あきらめない」 という気持ちを持って、 がんばっていきましょうね! ここまでお読みいただき ありがとうございました。 リベラルゆう 編集後記はメルマガで!さらに役立つ情報をお届けします。 メルマガ登録はこちら   ↓ ↓ ↓ https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX (不要の場合もこちらから解除できます)