日本人の平均貯蓄額が1200万円だと
金融広報中央委員会が発表していましたが、
あなたは、この数字に実感がわきますか?
たとえば、10億円の貯金のある人が1人、
残り99人が100万円としたら、
この100人の貯金の平均は、
なんと1100万円になってしまいます。
これでは、世の中の実情を
正確に表しているとは言えないですよね。
こんなときは、中央値か最頻値を調べた方が
世の中の実情に近いのです。
中央値がメディアン、最頻値がモードと
昔に算数で習ったかと思いますが、
グラフにすると、
もっとも背の高いところがモードで、
横軸の真ん中がメディアンですね。
そう考えると、100人の例の話では、
メディアンもモードも100万円になり、
世の中の貯金額は普通の人では100万円
ということになり、
実情と平均感覚に合致します。
それでは、日本人の普通の人の
貯蓄額はいくらかというと、
中央値(メディアン)では400万円です。
モードの値は公表されていないので
わからないのですが、おそらくもう少し
少ないのではないかと思います。
1200万円と400万円では、
大きな差がありますので、
数字を出す人が意図的に
自分に有利になるように
数字を利用していることがわかりますね。
さらに、400万円でも
まだ多いと思ったとしても、
それも正解です。
なぜなら、貯蓄額は年齢で
大きく違うからですね。
中央値(メディアン)の例で言えば、
30代・40代は200万円、
50代が500万円、60代が800万円
というのが今の日本の貯蓄事情だと
言えるようです。
ネットビジネスを行おうとするときにも、
数字には気をつけてください。
「100%の人が稼げた」と
よく書かれていますが、
それをそのまま信じてはいけません。
母数は何なのかと調べたら、
講座を受けた人ではなく、
講座を修了した人になっていたりします。
稼いだ金額がいくらかというと、
1万円以上だったりしますし、
もし10万円と書かれていても、
1人1000万円の人がいたら
残りを含めて平均を押し上げるからですね。
このあたりの見極め方は難しいですが、
極端な数字の場合は、
何かあると思ったほうがいいですね。
見極められないという人は、
遠慮なく私に相談いただければ、
しっかりお答えしますので、
ご安心ください。
ここまでお読みいただき
ありがとうございました。
リベラルゆう
編集後記はメルマガで!さらに役立つ情報をお届けします。
メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX
(不要の場合もこちらから解除できます)